ZEROからプログラミングの技術を身に付ける方法

学校や職場などで教わるのが一番

ゲームをやっていると、自分もゲームを作りたくなりますよね。そうなるとプログラミングに強い興味が出てきます。
しかし、実際にプログラミングの技術を身に付けるのは、ものすごく大変です。専門用語が多く、複雑なロジックを理解せねばなりません。一目見ても、かなりの高等技術であることが分かると思います。正直、独学で学ぶのはおすすめしません。
ですので、学校や職場などで学ぶのが一番です。そこでは一定以上の基準になるように指導してくださるので、役立つ技術を安心して習得することができます。また、同じく技術を身に付けようとしている同僚の存在も大きいです。分からないことについて相談したりなど、お互いに切磋琢磨することができます。

それでも独学したい方のために

しかし、人によって学校に通えるほどの時間と経済的余裕があるとは限りません。独学で学ぶしかない方もいらっしゃるでしょう。苦行になりますが、それも可能です。
まずは、本を読むことです。このとき、学習する言語は1つに絞ります。1冊だけでも構いませんので、熟読しましょう。
そして何より大切なのは、実際にプログラムを打ってみることです。プログラムの本には、必ず例文が載っているはずです。そして、その例文を実際に打つように勧められるはずです。これを行わなければ、プログラミングの技術は絶対に身に付きません。
また、相談できる人がいると心強いです。勉強をすると、必ず分からないことが出てきます。独学だとこのハードルを越えることが至難です。そのため、相談相手の存在は非常に大きいです。